医院からのお知らせ

2019/07/15被せ物を交換しても良くならない

神経の治療を繰り返して、その度に新しい被せ物に交換しているのに、歯茎や歯に不快感が残っているという方は多くいらっしゃいます。

神経の治療できちんと根の中の汚れが取り切れておらず、炎症が根の先で持続している場合には、慢性根尖性歯周炎の可能性が疑われます。

大きく腫れたり、強い痛みが出現する急性症状がなく、我慢できてしまう程度の不快感から無症状の方まで、症状は比較的軽いのが特徴です。

しかし、症状が軽いからといって病状は軽いというわけではなく、逆に我慢できる程度の不快感であるために放って置いてしまい、気がついた時にはどんどん進行してしまう可能性もあります。

被せ物を頻繁に交換しても違和感や不快感が残っているという場合には専門医に診査してもらうことをお勧めいたします。

ご紹介いただける歯科医師の先生方へ

当院では歯科医院、病院様からのご紹介を承っております。

  1. 「紹介状送信フォーム、医院地図及び注意事項」のダウンロードをお願いいたします。
  2. ご送信フォームに必要事項をご記入いただき、FAXまたはメールにてご送信をお願いいたします。
  3. 当方でFAXまたはメールを確認次第、患者様に電話でご連絡し、当院への来院日時のご予約をお取りいたします。
  4. 当院でのカウンセリング・歯内療法処置終了後に、ご紹介いただいた先生にご連絡をさし上げます。
    患者様にも、速やかにご紹介いただいた先生のご予約を取っていただきます。
  5. 後日、貴医院にて歯内療法終了後の修復処置および経過観察がスムースに行えるように、メールまたは郵送にて歯内療法処置報告書をお送りいたします。

診療日

診察時間
9:30~12:30--
14:00~18:30--

[マイクロエンド可能日] 木曜日(祝日のある週は診療することがあります)・日曜日・祝日
*学会参加・セミナー・出張診療・講習会・技術指導等で、診療が不可能となる日があります。
詳しくは下記のカレンダーを参考にして下さい。