生活歯髄保存療法

大切な歯を長く残すためには、歯の重要な組織の一つである神経を温存することも大切な要素であると言えます。生活歯髄保存療法は神経に近い深い虫歯の治療で、神経の保存を目的とする治療方法です。当院で行っている生活歯髄保存療法は、主に以下の種類があります。

歯内療法における生活歯髄保存療法

歯髄温保存療法は様々な状態の神経に行われ、虫歯がどこまで炎症が進んでいるかで段階ごとに分類されます。

暫間的間接覆髄法(ざんかんてきかんせつふくずいほう)

虫歯に感染した歯質を全て除去してしまうと歯の神経が露出してしまうため、数回かけて虫歯を除去しながら歯の神経の露出を避け、神経を保存する治療法です。

間接覆髄法(かんせつふくずいほう)

かなり虫歯が進行している状態ですが、神経の露出が見られない場合、神経に近い深さまで虫歯を除去した後、お薬で封鎖し神経を保存する治療法です。

間接覆髄法

間接覆髄法は虫歯を取り封鎖性の良い歯科材料でしっかり穴を封鎖することで、神経の治癒能力を利用し、新しい象牙質を作ることで神経を残す治療法です。

今まで従来の治療法では「虫歯になったら神経全てを取りきる治療」が盛んに行われてきました。しかしながら現在では、『神経をできるだけ露出させないように時間をかけて深い部分の虫歯を除去し神経を保存したり、健康な神経が残っている場合には神経を全て取ってしまわずに、部分的に神経を除去して残せる健康な神経を保存する』という方法に変わってきています。

神経に近い部分の虫歯はあえて取らず少し残した状態で、穴をしっかり封鎖すれば、中の細菌数が減り、かつ細菌活動も停止、虫歯の進行がSTOPするとの研究が多くの文献で証明されています。

直接覆髄法(ちょくせつふくずいほう)

かなり虫歯が進行している状態で虫歯を除去し、神経が露出した場合に神経に直接薬剤を置いて神経は除去せずに封鎖する方法です。

部分断髄法(ぶぶんだんずいほう)

かなり虫歯が進行している状態で、歯の神経の一部に炎症が生じ、炎症を起こしている部分の神経のみを除去して健康な部分の神経を保存する治療法です。

断髄法(だんずいほう)

断髄法

歯の神経の歯冠部全ての神経に炎症が生じている場合、歯冠部の歯の神経を除去し、歯根部の神経は保存する治療法です。

生えたての永久歯など、この断髄法により仮に少しでも神経が残った場合は歯根の成長が続くため、10代の子どもの歯に有効な治療法です。

まとめ

虫歯が深く進行した場合…

…という判断は非常に難しいです。私たち歯内療法専門医は、詳しい診査・診断から科学的、生物学的根拠に基づいた治療法を選択し、それを技術的に行っています。

生活歯髄保存療法の注意点

生活歯髄療法を行った後は、治療が成功しているか判断しなくてはなりません。そのために一定期間をおいてから歯の神経の反応を見る検査を行います。

診療日

診察時間
9:30~12:30 - -
14:00~18:30 - -