インプラントとは?

失った歯の代わりに入れるインプラント。入れ歯に比べ格段にしっかり噛め、ブリッジのように残った歯への負担も少なく、見た目もご自身の歯のようで自然な仕上がりになります。「取り外しの必要な入れ歯はイヤ」「歯がない所を治療するのに隣の歯を削りたくない」「天然に近いかみ合わせを回復したい」とお考えの方には、とても有効な治療法です。
インプラント治療にはメリットも多いですが、通常の歯科治療に比べ配慮すべき点が多いです。手術を伴い大変な思いをされて受けるインプラント治療が、患者さんにとってより良質なものとなるように、研鑽を続けています。

インプラントは痛くない、怖くない

近年、インプラントによるトラブルが多くなっています。当院以外の治療トラブルに対しても、対応を行っています。インプラントは痛い、腫れるという印象が強くありますが、実際に治療を受けた患者さんからは、ほとんど痛みや腫れはなかったと、ご評価をいただいています。

高品質なインプラント

あかなべ歯科 インプラント
インプラント治療が一般的に普及するにつれ、非常に様々な品質のインプラントが見受けられるようになりました。
当院で取り扱うインプラントは、治療が終わってからもインプラントの周りの骨や歯茎が吸収しにくいよう研究開発されたものになります。加齢とともに骨や歯茎が痩せていくのは抗いようのないことですが、少しでも遅らせてインプラントが長持ちするように考えられた高品質なインプラント(アメリカ バイオホライズンズ(BioHorizons)社製インプラント)を使用しております。

歯科用CT完備

CTおよび矯正用レントゲン日本製の歯科用CTで精密な診断が可能です。
当院が導入している朝日レントゲン工業社製のCTは京都の自社工場で製造されており、少ない放射線量で画像が非常に鮮明である世界的に証明されております。
手術を成功させるには正確な診断が必要になりますが、それにはCT画像がきれいでないといけないのです。また、デジタルテクノロジーを駆使し、最小限に抑えた放射線量で撮影できる装置になっており、安心で安全な撮影ができます。

心電図モニター

あかなべ歯科 インプラント
超高齢化社会に伴い、高血圧や心疾患、糖尿病などの有病者の割合が増加しています。
当院でインプラントの手術を行う際は、心電図で血圧、SpO2(酸素飽和度)、脈拍などをリアルタイムで測定するようにしています。異常を早期に見つけ出すことは、より安全にオペを行うことに繋がります。有病者の患者さんにおかれましては、特にモニタリングは必須だと考えております。

超音波装置バリオサージ

あかなべ歯科 インプラント
骨などの硬組織を選択的に切削できる機器で、安全な手術を行うために必要な特殊な機械です。この機器を使用することにより、治りが早く、安全で怖くない手術が行えます。インプラント手術、親知らずの抜歯などに使用します。当院では、インプラント手術のサイナスリフト、スプリットクレフト、自家骨採取等に用いております。

CTナビゲーション・ガイデッドサージェリー

あかなべ歯科 インプラント
インプラント治療を希望する患者様の数は増加傾向にあります。しかし、手術の過程で神経麻痺などを偶発することや、35年間安定しているインプラントがある一方で、不適正な力学環境により半年で抜けてしまうことがあります。未だ我々歯科医師の経験や勘に頼る部分が数多く存在するリスクの高い治療法であることも事実です。当院では、そのようなリスクを伴うインプラント治療を行うにあたり、より正確な診査・診断を行い、予知性の高い治療計画を立案し、それを治療へ反映するための先進的なCTナビゲーションを使用し、実際の手術ではガイデッドサージェリーにより計画通りの安心・安全な治療の実現を目指しております。

ガイデッドとは手術用のテンプレート(ガイド)、サージェリーとはインプラント体を埋入する手術のことです。

ここでいうガイドとは、あらかじめ撮影したCTデータを3Dシミュレーションソフトにより解析し、最終的に被せる歯の形から、それに対する理想的なインプラント体のポジションまで、そのすべてをコンピューター上でシミュレーションし、それ通りにデジタル処理にて作製した手術用のテンプレート(サージカルガイド)を指し、これを使用して行う手術のことをインプラントのガイデッドサージェリーと言います。
話が難しいので簡単に言えば、通常フリーハンドにて行われるインプラントでは、程度の差はあれ、狙った位置、角度からインプラントがズレが生じます。インプラントが骨からはみ出してしまったり、変な向きで埋入されてしまったりすることによるインプラントの早期喪失や、最悪の場合における、下顎の神経の損傷、上顎洞と言われる骨空洞への穿孔など、重篤な事故を防ぐために生まれた、これからのインプラント手術がガイデッドサージェリーです。

インプラント治療におけるガイデッドサージェリーのメリットは?

インプラントを正確な位置に埋入できる

ガイドサージェリーは、撮影したCT画像をもとに患者さんのあごの骨の模型を作り「ガイド」を作製する手法で、作製されるガイドは誤差0.何ミリという精度の高さです。フリーハンドでは手がブレてしまいますが、ガイドに沿ってドリルを進めるだけなので手ブレによる影響を全く受けません。

切らない、痛くない、腫れが少ないフラップレス手術

通常のインプラント手術では、歯肉を大きく切って開き(フラップといいます)、骨の表面を観察しながらドリルで骨面に穴を開けインプラントを埋めていきます。それに比べてガイドサージェリーの場合は、オペ前に細かなシミュレーションが完了しており、またその高い精度のため、必ずしも歯肉を大きく切る必要がなく、術後の後遺症の少ないフラップレス手術を行うことができます。

※フラップレス手術とは歯肉と骨に必要最低限の小さな穴のみを開けてインプラントの埋入を行う術式です。すべての症例に適応できるわけではありません。

短時間の手術で負担が少ない

手術時に正確に作製されたガイドに従ってインプラントを埋入する手術法ですので、通常のインプラント手術法に比べて、大幅に手術時間を短縮することが可能となり、患者様への心身的な負担を軽減できます。
安全で高精度なインプラントの実現にガイデッドサージェリーは必要不可欠なものですが、現在多くの大学病院などで使用を義務付けられているものの、高いガイド製作費のためか、日本の民間歯科医院では未だにあまり普及していないようです。
当院ではこのガイデッドサージェリーを標準使用し、患者様のインプラント治療に関わる不安、恐怖を軽減できるよう努めています。

難症例に対応

あかなべ歯科 インプラント
あかなべ歯科 インプラント
当院では、一般的に難症例と言われるインプラントを埋める部分の骨が薄い状態、糖尿病や骨粗鬆症など従来インプラント治療が難しいとされてきた方にも対応しております。
世界的に認められた信頼性の高い材料、インプラント専門医の元で学んだ確かで学術的に裏付けのある技術により、患者さん自身の骨を厚くしたり高さを増す骨造成手術、患者さん自身の粘膜を厚くしたり高さを増す軟組織造成手術をすることが可能です。
他院で骨や粘膜を造成しないと診断されても、当院では造成手術を回避してインプラント治療が可能なケースもあります。まず診査診断をして現在の状態を説明させていただきます。インプラントはできないと言われた方も一度ご相談ください。

施術実績はこちらをご覧ください。

診療日

受付時間
9:30~12:30 - -
14:00~17:30 - -