小児歯科・小児矯正とは?

小児歯科・小児矯正は、歯が生え始める1歳前後のお子さんから、永久歯がはえ揃う学童期まで(12~13歳ぐらい)が対象となります。
お子さんの治療は、年齢、むし歯や歯並びの程度、お子さんの性格、歯磨きの上手さ、家庭環境などの違いにより治療方法が変わります。

あかなべ歯科の小児歯科・小児矯正は、予防歯科を軸に、むし歯治療だけでなく、むし歯がなく歯並びが悪くならない健康なお口を保てるように、お子さんを成人になるまで管理していくことを目標にしています。お子さんのうちに健康なお口を保てるようになると、大人になってからむし歯や歯周病になりにくいという事が分かっています。事実、日本では20歳になった時にむし歯になっていた本数が1人平均9.2本、歯科先進国スウェーデンではわずか3.6本です。この違いは治療優先型の日本と予防歯科が浸透している国の違いにあります。自ら望んでむし歯になり歯を削ったり、歯を抜いたりする人は、誰もいないはずです。だからこそ、歯を治療する歯科医院ではなく、むし歯を作らない、歯を失わず生涯健康でいられる歯科医院を作りたいと考えています。

院長は園医を務めています

あかなべ歯科の院長は、まどか幼稚園と茜部保育園の園医を務めています。歯科検診をはじめ、歯磨き指導やフッ素塗布を行い、地域のお住まいのお子さんのお口の健康管理に取り組んでいます。小さなお子さんの対応にも慣れておりますので、治療の際はどうぞご安心ください。

口腔機能発達不全症・習癖改善

口呼吸

最近「お口が開いたまま、ぽかーん」とした子どもをよく見かけます。口の周りの筋肉の力が弱くて、口が無意識に開いてしまうことが原因と考えられています。中には鼻の疾患(鼻づまりやアデノイドなど)があると仕方なく、開いてしまう子もいます。その場合は耳鼻科への診療が適切でしょう。風邪を引きやすくなり、根気や集中が低下し、学習に影響が出るかもしれません。また食べ方にも影響が出ているかもしれません。気になる方は一度、ご相談ください。

口で呼吸(口呼吸)をする癖がついてしまうと、様々な影響を引き起こす原因となり、特に「歯並び」や「顔の形」に大きな影響を及ぼすことがわかっています。
小児歯科・小児矯正分野では、必ず目にするこの写真。

口呼吸口呼吸

1歳半違いの姉妹、サマンサとケリー。小さい時は双子に間違われるぐらいそっくりだったそうです。
でも大きくなるにつれだんだん顔立ちが変わってきました。
大きくなった二人、とても姉妹には見えず別人のようです。

さて二人の違いは何だったのでしょう???
姉、サマンサは、口をポカンと開けたまま(口呼吸)で成長しました。
妹、ケリーは、口を閉じる意識(鼻呼吸)をして大きくなりました。

姉のサマンサは、妹に比べ、鼻の下が長く伸び、無理に口を閉じようとすると、口の下に「うめぼし」の様なしわが出来ています。
「口が開いていると出っ歯になる」と言うのはよく知られていますが、実はあごの成長自体も変わるのです。
口をいつも開けていると、下の写真のように顔が下方向に成長して、立体感の無い見た目になってしまいます。

以下のことが当てはまらないか、チェックしてみましょう!1つでも当てはまる場合、口呼吸の可能性があります。

小児矯正

当院は、いつでも小児矯正無料相談を受け付けています。

3歳で乳歯はほとんどそろいますが、奇麗な歯並びであれば問題です。勿論、乳歯のときからデコボコがあるのはもっと問題です。

「矯正を始める時期は早いほうがよい」と言われています。なぜなら乳歯がそろう時期から、乳歯が抜け永久歯に変わっていく時期に小児矯正をすることで、健康な永久歯を虫歯になりにくいように並べることができるからです。きれいな歯列は見た目だけでなく、汚れが溜まりづらく歯ブラシも当てやすいので、清掃性が非常によくなります。小児矯正を勧める理由としては、成長段階にあるお子さまの場合、歯やあごの骨のコントロールがしやすいため、あごの骨の拡大や、上下のあごの位置のバランスを整えることが可能です。大人の矯正に比べ、永久歯を抜歯する可能性を低く抑えることができます。

歯並びの乱れから引き起こされるリスク

CTおよび矯正治療専用レントゲン(頭部X線規格写真(セファログラム))完備

矯正歯科治療の診断に不可欠なCTおよび矯正治療専用レントゲン(頭部X線規格写真(セファログラム))完備しています。上下のあごの大きさやそのズレ、あごや唇の形態、歯の傾斜、口もとのバランスなどの状態を正確に知ることができます。顔面と頭部のセファロ写真を撮影して分析し、すぐに診断と治療方針の説明が可能です。また、治療前・治療中・治療終了後と、同じ規格で撮影したCTおよびセファロの画像があれば、どのように歯が動いたか、顎骨がどんなふうに変化したかが比較できます。
CTおよび矯正用レントゲン

お子さんの成長に合わせた歯の治療

0~3歳 乳歯の生え始め

生後6ヵ月ごろから乳歯が生え始めます。
このころの虫歯の原因としては、保護者の方から食べものを与える際、だ液を介してむし歯に感染するというものがあります。乳歯の歯質は弱いため、むし歯菌に対しても抵抗力があまりません。
祖父母を含めた保護者の方自身のお口を清潔に保ち、むし歯を移さないようにすることが大切です。また、保護者の方がお子さまの歯を磨いてあげることも予防につながります。
また、フッ素塗布も可能ですので、歯科医院へご相談ください。

3~6歳 乳歯がそろう

3歳ごろになると、乳歯がすべてそろいます。
お子さん自身が甘い食べものを好んで食べるので、むし歯菌が好物とする糖分が蓄積され、プラークをつくる原因となってしまいます。また、お子さんは歯磨きを嫌がる傾向にもありますので、お子さん自身に磨かせつつ、保護者の方が最後にチェックして、仕上げの歯磨きをしてあげることが虫歯予防につながります。
食べカスは奥歯にたまりやすい傾向にあります。保護者の方による歯磨きについても、当医院で指導を行なっております。子どもの歯磨きのチェックのポイント、仕上げの歯磨きについて伺いたい方は、ご相談ください。

6~12歳 永久歯が生え始める

6歳ごろから乳歯が抜け、永久歯に変わっていく時期になります。
永久歯の生え始めはまだカルシウムが少なく、歯質が強くありません。むし歯になりやすい状態は続いていますし、奥歯は溝に食べカスがたまりやすいため、保護者の方が歯磨きをチェックしてあげてください。

12歳以降 すべての歯が永久歯になる

12歳を過ぎたころから、すべての歯が永久歯になります。
お子さんの生活環境によっては、部活や塾などで夜間に外出されている場合があります。そうすると、スポーツ飲料の多飲、買い食いや夜食の機会が増え、むし歯のリスクを高めます。
甘いものや外食を控え、正しい食生活を送ることでむし歯になりにくい生活パターンにすることが大切です。永久歯は一度欠けたり失ったりするともとには戻りません。デンタルフロスを使って歯が大切であるという意識を高めることも重要です。
当院では、PMTCとよばれる徹底した歯の清掃を行なっています。永久歯をむし歯にしないためにも、定期的に検診を受けていただきたいと思います。

子どものむし歯の特徴

子どもの場合、乳歯または生えたばかりの永久歯は、成人の歯とは異なる性質をもっています。
乳歯や若い永久歯は、歯を強くするためのカルシウムが少なく、表面を守るエナメル質や内部の象牙質が未成熟です。そのため歯質が弱く、むし歯が進行しやすいという特徴があります。一方で回復する力は成人の歯を上回っており、むし歯などにかかっても治りやすいという特徴もあわせもっています。
こうした特徴から、小児期のむし歯を防げば、成人してからは虫歯になることがほとんどありません。成人後にむし歯が生じたとしても、その場合はむし歯の進行が遅いといわれています。子どものころにむし歯を予防することは、将来の歯を健康にすることへとつながっていくのです。

年齢によるむし歯のできやすい場所の違い

1歳前後

上の前歯の歯間、歯と歯肉の間がむし歯になりやすくなります。

2~3歳

奥歯を使って食べるようになり、食べカスがたまりやすい奥歯の噛み合わせの溝からむし歯菌に侵入されるようになります。

4~5歳

歯磨きでは磨きづらい、奥歯の歯の間がむし歯を発症しやすくなります。鏡でも見えづらいところなので、定期検診を受けてむし歯が発見される場合があります。

6~9歳

永久歯が生えてくるころですが、まだ歯質は強くありません。その状態でよく噛む奥歯をきれいにしていないと、むし歯にかかりやすくなります。

10歳~

上下の前歯が永久歯になる時期です。前歯の歯と歯肉の間は歯ブラシで磨きづらく、プラークがたまりやすくなります。歯の付け根を意識し、しっかり磨くようにしましょう。

「怖くない」歯医者さん

お子さんにとって、歯医者さんは痛みを連想させる怖い存在です。歯医者さんに会っただけで、怖くなって泣いてしまうお子さんも珍しくありません。お子さんにとってそれは大きなストレスになります。
お子さんが少しでも安心して治療を受けられるよう、遊べるキッズスペースを設けました。スタッフも優しい笑顔での対応を心がけていますので、安心してご来院ください。
また、当医院ではバリアフリーの設備にも力を入れています。けがや障がいをおもちのお子さまがいらっしゃいましたら、お問い合わせください。設備の内容について説明させていただきます。

子どもの虫歯予防

フッ素塗布

フッ素には、歯質を強くしたり、むし歯の原因菌の働きを抑えたりする効果があります。
歯の表面にはエナメル質というものがあり、むし歯菌は酸を出してこれを溶かそうとします。フッ素は、このエナメル質を強くし、酸に対して抵抗力を強める機能があります。
乳歯や永久歯が生えたばかりのころは、むし歯になりやすい時期といえますので、定期的に通院いただくことでフッ素を塗布し、虫歯になりにくい強い歯を育てることができます。

歯磨き指導

むし歯や歯周病を予防するための基本は、患者さまご自身によるホームケアです。なかでも、毎日の歯磨きは、プラークを除去するうえで大切になってきます。
しかし、歯磨きは教わらなければ、一人ひとりが自分のやり方に則って行なうため、誤った方法で磨いている可能性があります。また、歯の裏側や奥歯、歯間や歯肉と歯の間などを丁寧に磨くためには、テクニックが必要です。
そこで、当医院では予防歯科の一環として、歯磨き指導も行なっています。普段磨きづらいと感じている位置の歯も、磨き方を知ることで汚れをある程度落とすことができます。まずはご自宅でできることをしっかり学び、日々のケアに生かしていただきたいと思います。

診療日

受付時間
9:30~12:30 - -
14:00~17:30 - -