治療・講演実績

2020/09/12左右下顎6部 インプラント治療

下顎左右6部へのインプラント治療。

50代男性、右下7番が破折して抜歯をする必要が。下顎の両側の奥歯がなくなり大変噛みにくいため、入れ歯を作製したが気持ち悪くて使用できないため、インプラント治療を希望。
患者さまの希望で、左下6部のインプラント上部構造が安定してから右下6部のインプラント治療という流れで治療を行なっています。

あかなべ歯科_左右下6インプラント埋入_20200425_術前レントゲン写真
あかなべ歯科_左下6インプラント埋入_20200425_術後レントゲン写真
あかなべ歯科_左下6インプラント埋入_20200425_術後写真
あかなべ歯科_左下6インプラント上部構造セット_20200627_術前写真
あかなべ歯科_左下6インプラント上部構造セット_20200627_術中写真
あかなべ歯科_左下6インプラント上部構造セット_20200627_術後写真
あかなべ歯科_左下6インプラント上部構造セット_20200627_術後レントゲン写真
あかなべ歯科_右下6インプラント埋入_20200711_術後写真
あかなべ歯科_右下6インプラント埋入_20200711_術後レントゲン写真
あかなべ歯科_右下6インプラント上部構造セット_20200912_術中写真
あかなべ歯科_右下6インプラント上部構造セット_20200912_術後写真
あかなべ歯科_右下6インプラント上部構造セット_20200912_術後レントゲン写真
あかなべ歯科_左右下6インプラント上部構造セット_20200912_術後写真_1

施術内容:インプラント埋入
施術の説明:インプラントは、従来の入れ歯やブリッジとは違い、天然の歯と同じような違和感の少ない、美しい歯を取り戻す治療法です。 失った歯の代わりに人工の歯根(インプラントフィクスチャー)を埋め込み、その上に人工の歯(インプラント上部構造)を装着。 健康な歯を削ることなく、新しい歯が蘇ります。
施術の副作用(リスク):一時的な痛み・腫れ・出血やむくみを生じる事があります。かみ合わせの変化・違和感が生じる事があります。人工歯・土台が外れたり欠けたりする事があります。
定期的なメインテナンスを怠るとインプラント周囲炎が起き、インプラントの撤去または再手術の可能性があります。
施術回数:インプラント埋入:2回、インプラント上部構造印象(型取り):2回、インプラント上部構造セット(取付):2回
施術時間:各30分
治療期間:6ヶ月
施術費(税込):¥891,000-(サージカルガイド作製費 ¥11,000-、インプラントフィクスチャー埋入 ¥220,000-×2、インプラント上部構造(ジルコニア) ¥220,000-×2)

診療日

受付時間
9:30~12:30 - -
14:00~17:30 - -