医院からのお知らせ

2020/06/24左上6 マイクロエンド・精密根管治療(外科的根管治療(歯根端切除術))

以前、マイクロエンド・精密根管治療を行なったが改善が認められなかったため、外科的根管治療(歯根端切除術)にて病気の改善を試みる。

術前デンタル:左上6番の近心および遠心頬側根の完全閉鎖、口蓋根の根尖部透過像への根管充填材の噴出、3根とも根尖部透過像を認める。

術前CT:術前デンタルでは3根にまたがる透過像と判断したが、CT撮影にて頬側2根と口蓋根それぞれに独立した透過像を有することが確認できる。術式および準備の内容にも関わるので、外科的根管治療(歯根端切除術)時にはCT撮影が必須であることを再確認。

適切な剥離ののち骨窩洞を形成し、歯根端切除術を開始。まずは近心頬側根を切除し、口蓋根への到達。

3根とも根尖切除を完了。肉芽や嚢胞などの病的組織の取り残しを精査。頬側に取り残しおよび破折を疑う部分があたっため、さらに骨窩洞を拡大。

口蓋根の逆根管形成。

続いて遠心頬側根の逆根管形成。イスムスが認められたため、歯根の強度を落とさない程度に形成。

術中マイクロスコープ画像:近心根の2根管、遠心根のイスムス、口蓋根に適切にバイオセラミック パテにて逆根管充填がなされていることを確認。

術後デンタル:3根、4根管の適切な逆根管形成および逆根管充填がなされていることを確認。

診療日

受付時間
9:30~12:30 - -
14:00~17:30 - -